里親家庭や特別養子縁組による家族を撮影した写真展プロジェクト「フォスター」は開始から1年で全国約20カ所を巡回し-インナーウェア、肌着

彼女がスキャンダルによりランウェイを歩けなくなったときは
2年後には『ザ・マスター』(12)で何事もなかったかのように俳優復帰し
母の葬儀の前日にマックイーンは帰らぬ人となる

アイアンマン以降初となる単独主演映画『Dolittle(原題)』では 「謎の画家」といわれるかいちの人生を追った
ハリウッドで大スターになるのは簡単ではないが
キアヌの復活が「キアヌッサンス」とも呼ばれている
2001年春夏の「VOSS」コレクションでケイト・モスと
ハリウッドで大スターになるのは簡単ではないが

HEADLINE

国内ニュース
原産協会がIAEA職員を招き講演会、新興国への支援策など
作家インタビュアーの小田豊二さん「聞き書きは私の想像を超えて広がっています」
原子力機構、核不拡散・核セキュリティを考える国際フォーラム開催
国内ニュース
立山黒部アルペンルート内の「立山トンネル」を走るトロリーバス
ノーベル平和賞授与が決まったコンゴのデニムクウェゲ医師とは? 紛争地の性暴力被害とは? ノーベル平和賞授与にはどんな意義があるのか? 富山市在住のアフリカ文学研究者村田はるせさんに聞いた
日本学術会議・原子力総合シンポが開催、参加者と幅広く討論
国内ニュース
福島第一廃止措置、中長期ロードマップの改訂案が示される
サウジの為政者たちの「背教性」を実証しマクディスィーの著述の説得力を高めるできごとだった
規制委が中国電力・清水社長らと意見交換
攻撃の対象に「ラーフィダ(シーア派の蔑称)」が占める割合が劇的に増加した
心配すべきなのは「イスラーム国」とその共鳴犯模倣犯の過剰な自己顕示と
国内ニュース
その昔あったはずの「決起の動機」を忘れ去った
2015/11/17(火) 10:42 配信
ちょっとした知恵があれば軽減できるのではないかと感じ
国内ニュース
理研、移設可能な小型中性子源システムを公開
関わり方のスタンスが非常に良いと思っています
ロシアで鉛冷却高速実証炉「BREST-300」施設の総合建設契約をTITAN-2社が受注
海外ニュース
ドラマ映画レビューやインタビューを「韓国TVドラマガイド」「韓国語学習ジャーナルhana」「現代ビジネス」「AERA」などに寄稿
“ヒットをけん引する俳優”として熱い注目を浴びる彼にズバリ聞いた
K-POPにハマり韓国に渡った日本人ケンタと幼い頃からアーティストを目指していたサンギュンが語る「僕らが同じ夢を追う理由」
additional 里親家庭や特別養子縁組による家族を撮影した写真展プロジェクト「フォスター」は開始から1年で全国約20カ所を巡回し
海外ニュース
UNEP報告書:「パリ協定の目標達成には毎年7.6%のCO2排出量削減が必要」
海外ニュース
K-POPが世界を席巻する秘密を「MAMA FANS’ CHOICE IN JAPAN」で探った
の変化に応じてさまざまな教育活動に取り組む
スパイの実話を映画化したユンジョンビン監督に取材した
海外ニュース
スウェーデンの世論調査:原子力発電支持派の割合が約8割に増加
海外ニュース
ついに日本で初のソロコンサートの舞台に立った彼に
海外ニュース
カナダの深地層処分場建設計画、候補地点を2地点に絞り込みへ
今後の見通しを持って提案していただけるので非常に助かっています
米国とブルガリア、原子燃料供給など原子力分野の協力拡大で合意
お知らせ
世界のエネルギー見通し2019(WEO2019) ポイント紹介(簡略版)を掲載しました
お知らせ
2019年度第8回原産会員フォーラム<講演会>「新検査制度(ROP)の本格導入について」の講演資料を掲載しました<会員限定>
初の一人二役に挑んだ『薔薇とチューリップ』プレミアム上映イベントを振り返りつつ紐解く
2019年度第7回原産会員フォーラム<日本原子力発電(株)東海・東海第二原子力発電所視察>の開催結果(詳細報告)
お知らせ
2019年度第10回原産会員フォーラム<東京電力ホールディングス(株)福島第一原子力発電所視察>の開催について
お知らせ
2019年度第8回原産会員フォーラム<講演会>「新検査制度の本格的導入に向けて」の開催結果(概要報告)
お知らせ
【益城町でのカタリバの活動を力強く支えてくださる教育委員会の坂本文隆さん】
映画『毒戦 BELIEVER』の主役を演じるチョジヌン
K-POPが世界を席巻する秘密を「MAMA FANS’ CHOICE IN JAPAN」で探った
お知らせ
近畿大学で「エネルギー、インフラ業界探求セミナー」を開催(報告)
お知らせ
「2019年度第7回原産会員フォーラム(東海・東海第二原子力発電所視察)」を開催(概要報告)
お知らせ
世界原子力協会(WNA)年次シンポジウムへの参加報告
ウィノナ・ライダー 致命的なイメージダウンから徐々に回復中
助けをもとめて救急に電話したのは3日前に19歳になったばかりのホアキンだった
キャリアとしての絶頂期をさらにレベルアップした矢先に自ら命を絶った彼にとっては